WiMAXとマイネオの併用で安く大容量プランが手に入る

どこで契約しても同じですが、格安simを利用すると安く少ないプランを契約できます。反面、安く大容量が使えません。

もともと格安SIMのコンセプトは「それほど容量を使わないユーザーに安いプランを!」でした。

しかし、容量を多く使いたいユーザーは大手キャリアと契約しないといけないのか?というとそうではありません。

WiMAXを使うという選択肢があります。

最新端末のwx05を参照するといいでしょう。

WiMAXとは

モバイルルーターと呼ばれる通信専用の端末です。この動画で手に持っているのがWiMAXの端末。

この端末がWiMAXの電波を通信して、自分の携帯などをWifiでつなぐとネット接続できます。

wimaxのなにがいいかというと。

  • 月間のデータ量制限がない(3日10GBの制限はある)
  • 料金が4,380円/月

この2つです。月間のデータ量制限がありません。3日10GBを利用すると制限がかかるのですが、その制限も3日間で10GBを超えた日の翌日18時から翌2時ころまで速度が1Mbpsに制限されるというもの。日中は制限がかかりませんし、1Mbpsはyoutubeの標準画質なら普通に再生できる速度。

何よりも工事が必要ないので、契約すると端末とSIMカードが郵送されるので、SIMカード挿して電源入れて、説明書にかかれているwifiのIDとパスワードを携帯に入力したら即使えます。

便利すぎる。

制限回避で利用しても月90GB程度利用できる

例えば3日10GB制限を避けたいなら1日3GB程度の利用にとどめておけば制限はかかりません。1ヶ月30日換算でも月に90GBは利用できます。

それが4,380円ですから。

大手キャリアのプランだと

  • ソフトバンク 50GB 5,480円
  • ドコモ 30GB 9,423円
  • au 30GB 5,918円

機種代は抜いての計算になっています。決して安い金額ではないです。安いソフトバンクでもWiMAXよりも1,000円以上高い料金でおよそ半分の容量しかつかえません。

キャリアが高すぎるのが問題ですが、WiMAXならかなり安く契約することが可能です。

WiMAXが安い理由

ではなぜこれだけ安いのかが気になるところではないでしょうか。実はWiMAXの電波は大手キャリアと比較すると電波が入りにくいです。壁などの障害物に弱く、電波が届かないことがあります。

エリアはかなり広くなってきていますが、それでも大手キャリアのエリアに比べるとそこまで広くはありません。

もしこれから契約を考えるならUQ WIMAX公式のピンポイントエリアマップを利用しましょう。住所を入力するだけで使える場所なおのかどうかがすぐにわかります。

サービスエリアマップ(WIMAX2+)

さらにWiMAXは実機を無料で借りることができます。詳しくはこちら

15日間無料で利用できます。気をつけたいのは

レンタルサービスの性質上、同一月内に一台の機器を複数のお客様が利用する場合があります。その場合、他のお客様の通信量を合算した月内の総通信量が速度制限の対象となりますので、あらかじめご了承ください。またレンタルサービスをご利用中、動画配信、オンラインゲーム等データ量の多い通信の長時間のご利用はお控えください。

レンタル機種でも制限がかかります。すでに制限がかかった端末だと速度がでないので、速度を確かめるよりもエリアを確認する意味合いで利用するのがいいかと思います。

WiMAXとの併用はどんな人におすすめ

格安SIMでは通信量が足りないけど、安く携帯を持ちたい。家に回線を引きたくない。という人はWiMAX持っていると本当に便利です。安く容量を多く使いたい人は検討の価値はあるはずですよ!

ページの先頭へ